多くの女性が履くサンダル。脱いだときに「あれ・・・もしかして臭いかも!?」と感じたことありませんか?

 

サンダルは、オシャレで足元を良く見せてくれるマストアイテム。しかも、サンダルはパンプスやブーツと違い、通気性が良いので臭わないはずなのに・・・。

 

しかし、そんな足が臭う原因をつくり出すサンダルを夏に履いても、足が臭わなくなる効果的な方法があります。

 

ここではサンダルが臭くなる原因と、サンダルの臭いを消す方法についてお伝えしていきます。

サンダルが臭くなる原因ってなに?

そもそも足が臭くなる原因は、何でしょうか?汗が臭い?と思われる方も多いかもしれませんが、足汗はほぼ無臭なのです。

 

ワキ汗が臭い原因は脇の下にアポクリン腺という汗腺が多いからです。アポクリン腺には、脂質、たんぱく質、アンモニア、尿素、鉄分などが含まれていて、粘り気がありベタベタした汗です。

 

一方、足の裏にはエクリン腺が多く分布しています。エクリン腺の99%は水分のため、ほとんど臭いがしないのが特徴

サンダルが臭う3つの原因

臭いが発生するには「汗(蒸れ)・栄養(汚れや垢)・雑菌」の3つが揃わなければならないんです。

 

汗をかくことで足が蒸れて、栄養(汚れや垢)をエサに雑菌が繁殖する際、雑菌が強烈な臭いを発生させてしまうのです。

 

でも、サンダルはパンプスやブーツと違い足が密閉されていないので、足が蒸れることはほとんどありません。

 

しかし、女性のサンダルはデザイン重視のものが多く、常に指と指がくっつき合ったり、指とサンダルの部分が密着していることで汗が蒸発せずに残ることがあります。

 

また、サンダルの素材はビニールや皮で作られていることが多く、汗を吸収しにくいためその結果、かいた汗と足が密閉して臭いが発生してしまいます。

足が臭いのではなく、サンダルが臭い?

あなたはサンダルのケアをしていますか?足が臭いと思っているのは、もしかしたらサンダルが臭いのかもしれません。

 

サンダルは通気性が良いからと言っても、汗を全くかかないわけではありません。

 

しかもサンダルを履くときは、ほとんどの方が素足だと思います。この素足が原因なのです。

 

足の裏は角質が厚くなっていて、角質も剥がれやすくなっています。角質が厚いということはそれだけ汚れ(垢)がサンダルへ落ちているのです。

 

そうすると、汚れ(垢)がサンダルに付着してしまいます。そのまま何回も何十回も同じサンダルを履き続けると、サンダル自体が臭くなるんですね。

くさいサンダルの臭いを消す方法

ここからは、簡単にサンダルの臭いを解消する方法を紹介していきます。

水洗いで臭いを解消

ビニールでできているサンダルは「水」で洗うことで簡単に汚れを落とすことができます。

 

また、皮でできたサンダルも「水洗いOK」。革製品は水が大敵だと思いがちですが、革の中には汗や汚れなどが染み込んでいて、水を含ませることにより汗の塩分などが表面に浮いてきます

 

汚れや汗をサンダルから浮き出してくれる水でお手入れすれば、嫌な臭いや汚れも取り除くことができます。月に1回程度、サンダルの手入れをしましょう。

除菌スプレーやウエットティッシュを使う

 

履き終えたサンダルに除菌スプレーをすることにより、瞬時に臭いを消すことができます。

 

除菌スプレーのポイントは、安全性が高く、除菌継続時間が長いものを選びましょう。また、外出先でも使えるように携帯ができるコンパクトなサイズがおすすめです。

 

除菌スプレーがない場合は、ウエットティッシュを使うのも効果的です。その際も、除菌作用のあるウエットティッシュなら臭いを抑える効果が期待できます。

同じサンダルを毎日履かない

一日中履きつづけたサンダルは汗や汚れが付着しています。そのままの状態で履き続けると、足の臭いの原因となる細菌をどんどん繁殖させてしまいます。

 

サンダルを履く同じものを続けて履かずに、数足を日替わりで履き替えることで臭いを抑えることができます。また、サンダルの長持ちにも繋がりますよ。

 

さらに、一日中履いていたサンダルは、陰干しをしてしっかり休ませてあげてください。付着した嫌なニオイ成分も抜けやすくなります。

まとめ

サンダルでも油断をすると、臭い物質を発生しやすい環境であることがお分かりいただけたと思います。

 

お気に入りのサンダルを安心して履けるようにするためにも、抗菌や除菌をして、雑菌が繁殖しない清潔な環境をつくり、日頃のケアは忘れないようにしたいものですね。