ワキ汗を止めてくれると話題の「デトランスα」。口コミでも高評価のようですが、「手汗に効かない」との口コミも。

 

そこで、今回はデトランスαが本当に手汗に効かないのか?様々な口コミを検証してみました。

 

デトランスαの購入を考えている方はぜひ、参考にしてくださいね。

デトランスαが手汗に効かないのは本当?口コミを調べてみた。

デトランスαが手汗に効かないのかアットコスメの口コミを調べてみました。

 

評価が悪い口コミ】
 
私はワキ汗も酷いのですが、同じく手汗にも悩んでいました。そこでワキ汗をバッチリ抑えてくれるデトランスαを手のひらに塗ってみましたが全然効果がありませんでした。やっぱりワキ汗用はダメなのかな・・・。(35歳 女性)
 
手足の多汗が半端ないので、すごく期待して使ってみましたが。うーん。。。残念ながら、わたしには、効果ないようです。(40歳 女性)
 
確かに汗はかかなくなる気がしますが、毎日使ったところ、手がかぴかぴになりました(゜.゜;)乾燥…でしょうか?早いうちから手がヒリヒリ痛むような気がしたので塗るのを止めました。(26歳 女性)
 
最初の頃は少し汗少なくなった?と思ったけど今は全然です。痒くなるだけだけど、それでも汗をどうにかしたいので気休めで毎日つけています。(29歳 女性)
 

このようにデトランスαを使っても、効果を実感できない口コミがあるのは事実です。

 

しかし、ここで使い方の大きな間違いをしています。デトランスαはあくまでも「ワキ汗用」であり、「手汗用」ではありません。

 

「デトランスα」と「デトランスα手足用」はどちらも塩化アルミニウムが有効成分として配合されています。

 

「じゃあ、同じじゃないの?」って、思いますよね?しかし、配合されている濃度が違うのです。

 

脇用⇒10.27%

手足用⇒25%

 

そもそも、脇と手足というのは皮膚の厚みが違います。実は、ワキは皮膚の中でも薄い部類に入ります。なので、濃度も薄く作られています

 

その反対に手足の皮膚は、体の皮膚の中でも1、2を争う厚さをもっています。つまり、濃度を濃くしないと肌の奥まで浸透しないんですね。

 

結論として、濃度の薄いワキ用を使っても肌の奥まで浸透しづらく、その結果、塩化アルミニウムが汗腺にフタをできなく汗が出てしまうのです。

 

手汗で困っている方は「デトランスα手足用」を使うようにしましょう。

 

デトランスαの公式サイトはコチラ

 

デトランスαは安心して使える?副作用は?

先ほどもお伝えした通り、デトランスαの有効成分は「塩化アルミニウム」です。この塩化アルミニウムが汗腺にフタをすることで汗を抑える仕組みになっているんですね。

 

しかもデトランスαは、塩化アルミニウム濃度が25%。実は日本の薬事法では、13%の濃度が上限になっています。

 

つまり、日本製の商品では塩化アルミニウムを最大でも13%しか配合できないのです。

 

それに比べて、倍に当たる25%も配合しているデトランスαが、どれだけ制汗作用に優れているかがお分かりになると思います。

 

がっ!しかし、制汗作用が強いだけに「副作用」も他の商品と比べてあることも事実です。

 

デトランスαはアットコスメの口コミでも☆6.1と高評価ですが、その反面、副作用の口コミも。

 

【副作用の口コミ
 
私は塗った瞬間燃えるような痛さで悶えながら1つ使い切って諦めました。(痛すぎて、痛みに慣れるまでつねってました…)(22歳 女性)
 
制汗効果など実感するよりも前に塗った直後から痒くて痒くて我慢できませんでした。(30歳 女性)
 
使用二・三回目までは問題なく使用していましたが、その後から塗った後ピリピリして、痒みが…。塗るたびに真っ赤になってしまったので、残念ながら使用をやめました。(33歳 女性)
 

このように「かゆみ」の副作用を訴える口コミがほとんどです。この原因は、高濃度である塩化アルミニウム

 

塩化アルミニウムが汗と反応すると、「水酸化塩化アルミニウム」になります。これが汗腺にフタをして汗を抑えるんです。

 

しかし、この反応が起きる時に副産物として「塩酸」が生成されます。

 

塩酸は、刺激に対して弱い皮膚には炎症や痛みを引き起こす場合があるんです。つまり肌が弱い方は、手荒れや炎症を起こす可能性が高いのです。

デトランスα「敏感肌用」なら安心して使える?

 

敏感肌でも手汗に悩んでいる方は少なくありません。そこで、デトランスαには「敏感肌用」があります。

 

通常のデトランスαと敏感肌用の違いは以下の通りです。

 

・カルシウムラクタート・・・肌を守ってくれる

・ハイドロキシプロピルセルロース・・・優しく肌に浸透させる

・水素化キャスターオイル・・・高い保湿力がある
 
 

このように「敏感肌用」は、刺激となる成分を控え、その代わりに肌に優しい成分を配合しています。

 

でも、制汗作用が減るんじゃないかと心配になりますよね?

デトランスα敏感肌用を使った口コミ

 
敏感肌用じゃない方も使っていましたが、かゆくなるので敏感肌用を買ってみました。するとさすが敏感肌用!かゆくも痛くもありません。(23歳 女性)
 
「全く痒くならない!」とは言えませんが、通常のと比べれば、断然痒くなりません。「その分、効果は薄い」とも感じないので、これからはこちらを購入しようと思います♪(28歳 女性)
 
以前デトランスaを買ったのですが痒くなってしまい使わなくなってしまいました。こちらは全く痒くならずに効果はそのままなのでずっと使っていけそうです。痒みが気になる人はこちらがオススメです(*^ω^*)(37歳 女性)
 

このように通常のデトランスαでかゆみや痛みが出た方でも、敏感肌用を使うことで「痒みや痛みがない」もしくは「減っている」口コミが多くありました。

 

さらに、効果も通常の商品と変わらないのも嬉しいポイントですね。

 

敏感肌でも安心!デトランスαはコチラ

 

デトランスαの正しい使い方は?間違うと痒みの原因に

デトランスαの使い方は

 

  • 就寝前に必ず清潔で乾燥した状態で使う。
  • コットンに少し含ませてから、脇にひと塗りする。
  • 脇に塗った液が完全に乾いてから衣服を着る。
  • 翌朝、水と石鹸で脇に残った液を洗い流す。

 

これがデトランスαの正しい使い方です。少し面倒に感じますが、キチンとすることで、効果を実感することができますよ。

 

ここでワンポイント。ワキに塗る時は広範囲ではなくワキ汗が出る部分に塗りましょう。

広範囲に渡ってつけてしまうと、汗をあまりかかないところにまで塗ってしまうことになります。そうすると、痒みやかぶれの原因になってしまうんですね。

 

とくに、敏感肌の方は注意してくださいね。さらに、ピンポインで塗ることでコスパもよくなりますよ

デトランスαを最安値で購入するには楽天?それともアマゾン?

デトランスαを最安値で購入するには、どこが一番でしょう?

 

日本最大級のショッピングモール「楽天」と「アマゾン」を調べてみましたが販売されていませんでした。

 

【楽天】

 

【アマゾン】

 

したがって、デトランスαを購入するには「公式サイト」の通販のみとなります。

 

公式サイトでは、初めての申し込みに限り毎日先着100名に限り、通常価格4,800円が40%offの2,900円で購入することができます。

 

さらに今なら、デトランスα「敏感肌用」5ml(約2週間分)のプレゼントのキャンペーンをしているので、気になる方は試してみる価値はあると思いますよ。