ワキガとは違う匂いがする・・・。実は、ワキガの臭いがわからない、この匂いは一体なに?って、自分の匂いが加齢臭なのかワキガなのかを見分けられない人が多くいます。

 

でも、ワキガと加齢臭は同じ体臭ですが、まったく異なる匂いです。

 

ワキガの原因はアポクリン腺から出る汗です。この汗には、タンパク質・脂質・糖質・アンモニア・鉄分などが含まれています。これらの成分が「常在菌」により分解されることで、ワキガ独特のにおいが発生するのです。

 

一方、加齢臭の原因は皮脂腺という場所から発生する「ノネナール」という物質が原因。このノネナールは、皮脂の中にある脂肪酸が酸化されることで生成されます。

また、ノネナールは歳を重ねるごとに増加し、中高年特有のにおいを放つ加齢臭を発生することになります。これが加齢臭のメカニズムです。

 

さらに皮脂腺は、頭皮や額、耳、鼻の周り、脇の下、胸、背中の中央などに分布しています。しかもよく見ると、上半身に集まっているということに気づくと思います。つまり、加齢臭は上半身から臭ってくるのです。

加齢臭は男性よりも女性に多い!?

「加齢臭=おやじ臭」というイメージがありますよね。確かに加齢臭は男性ホルモンの影響により、皮脂の分泌が多い男性に多いことは間違いありません。

 

しかし、40歳以降になると男性よりも女性の方が、加齢臭が強くなると言われています。それは、「女性ホルモン」が大きく関係しているからです。

 

男性よりも女性の方が皮脂の分泌が少ない理由は、女性ホルモンが汗腺や皮脂腺の働きをコントロールしているからなんです。

 

しかし、更年期を迎える頃になると女性ホルモンが減少してきます。つまり、今まで抑えられていた皮脂の分泌が抑えられなくなってしまうのです。

 

そのため更年期を過ぎると、男女関係なく加齢臭が出るようになります。

あなたはワキガ?加齢臭?セルフチェックしてみよう

以上のようにワキガは、アポクリン腺から出る汗を常在菌が分解することで発生し、加齢臭は、皮脂腺から出るノネナールが原因ということがお分かりになったと思います。

 

どちらも体臭という意味では同じですが、原因はまったく違います。まず、あなたがワキガかどうかをチェックしましょう。

 

以下がワキガのセルフチェック項目です。

 

□耳垢がベタベタしていないか?

□洋服の脇の部分に黄ばんだシミができるか?

□ワキ毛は濃いか?

□両親、または親のどちらかがワキガ体質であるか?

□脇の下に汗をかきやすいか?

 

上記のセルフチェックで思い当たる項目が多かった方は、ワキガ体質の可能性が高いと言えます。

 

逆に当てはまる項目が少ない方は「加齢臭」可能性があります。

加齢臭危険度チェック
□40歳以上である

□脂っこい料理が好き

□毎日お酒を飲む

□ストレスを溜めやすい

□身だしなみに気を使わなくなった

□ベタベタした汗をかく

□よく眠れない

 

多く当てはまるほど、加齢臭の危険度が高まります。

 

加齢臭の原因は酸化反応です。ですから「酸化反応にどうやって対抗していくか?」というのが非常に重要です。

加齢臭を抑えるための簡単な方法

具体的には・・・

 

食生活の見直し

 有酸素運動

 タバコやアルコールを控える

 

などが大きな方針となってきます。

バランスの摂れた食事を心がけましょう!

食生活を見直す上で、抗酸化食品として有名なのが、ビタミンCとビタミンEです。そのほかにカテキンやイソフラボン、カロテンなどのポリフェノールにも抗酸化作用があります。

 

◆ビタミンCを多く含む食材

ブロッコリー、ピーマン、小松菜、ほうれん草、しし唐、春菊、トマト、柑橘系のフルーツ、イチゴ、キウイフルーツ、柿など。

 

◆ビタミンEを多く含む食材

アボカド、アスパラガス、かぼちゃ、さつまいも、にら、ほうれん草、春菊、ブルーベリー、プルーン、ウナギ、カレイ、鮭、サンマ、玄米、胚芽米、アーモンドなど。

 

◆イソフラボンを多く含む食材

納豆、豆腐、枝豆、大豆食品全般

 

◆カロテンを多く含む食材

にんじん、マンゴー、あんず、海苔、わかめなど

 

◆カテキンを多く含む食材

緑茶
有酸素運動をしよう!

有酸素運動は、適度に汗をかくことで心身ともにリラックスし、ストレスを発散できるので活性酸素の増加を抑えてくれます。つまり、加齢臭予防へとつながるのです。

 

代表的な有酸素運動は以下の通りです。

 

ウォーキング・ジョギング・水泳、エアロバイク・エアロビクス・縄跳び・踏み台昇降・ヨガ・ラジオ体操など。

 

加齢臭対策のために行う有酸素運動のポイントは、「体に負担をかけ過ぎないこと」と「一定時間続ける」ということです。

 

体に負担の大きい運動は体内に疲労物質である乳酸を増やし、汗腺の中に匂いを発するアンモニアを分泌させてしまうので注意しましょう。

タバコやアルコールを控えましょう!

お酒やタバコは男性に限らず、女性でも好きな方は多いはずです。しかし加齢臭をつくり出すノネナールは、活性酸素が生み出しています。

 

そして活性酸素を生み出す原因の一つがタバコなのです。タバコの煙が体内に入ると、身体はそれを異物と判断し、異物を攻撃するために活性酸素が生まれてしまうのです。

 

また、過度の飲酒もNGです。肝臓がアルコールを分解する際に、活性酸素が発生するからです。

 


 そればかりでなく、お酒を飲み過ぎると中性脂肪が増加します。中性脂肪が増えると「ヘキサデセン酸」という、加齢臭の原因の一つとされる化合物が増えてしまいます。

 

加齢臭の大きな原因は「体の酸化」です。しかも酸化は加齢臭だけではなく、健康を害する大きな要因ともなっています。

 

ですから酸化を抑える生活をすることは、加齢臭対策だけでなく、病気を予防することにもつながってきます。

 

すぐに全部を変えることは難しいかもしれませんが、今出来ることから始めていきましょう!