「ワキガを殺したい!」そんな気持ちになったことありませんか?

 

夏だけでなく一年中わきがに悩まされ、周りの反応を気にしながら生活するのはつらいですよね。

 

ワキガは本人に自覚がなく、自分でも気づかないことがあります。「そんなわけないじゃん!」って、思いますが自分の匂いって意外と分からなかったりするんですよね。

 

「ワキガの臭いを抑えたい!」そんな人は、食べ物を見直すことでワキガが改善することがあります。

 

そこで「ワキガになる食べ物」「ワキガを予防する食事」を丁寧に説明したいと思います。ワキガの臭いに悩んでいる方はぜひ、参考にしてみて下さいね。

ワキガの原因ってなに?

ワキガの臭いは一般的な「汗臭さ」とは違い、鼻にツンってくる独特の匂いが特徴です。「汗臭さ」も「ワキガ」もその原因は「汗」にありますが、なぜ独特のにおいになるのでしょうか?

 

私たちの体には「アポクリン腺」と「エクリン腺」という、2つの汗腺があります。そして、アポクリン腺が匂いの原因ということは、ワキガの人なら知っていると思います。

 

しかし、ワキガの原因であるアポクリン腺から出る汗も実は、「無臭」なのです。では、なぜ鼻を突くような独特な臭いが出るのか?

 

それは、私たちの体に棲んでいる「常在菌」にあります。常在菌とは、主に健康な人の身体に日常的に存在する微生物(細菌)のことを言います。

 

菌って聞くと、ギョッとしてしまいがちですが、常在菌は外的刺激や病原体から私たちの身体を守ってくれる役割があります。

 

しかし常在菌も生き物なので「分解」という働きをします。アポクリン腺から出る汗には、皮脂やたんぱく質、糖質、アンモニアなどの成分が含まれていて、常在菌がそれらの成分を分解したときに、ワキガ特有の匂いを発生させてしまうのです。

 

また、「汗臭さ」といわれる99%が水分のエクリン腺から出る汗も、ワキガ体質の方は注意が必要です。

 

エクリン腺から出る汗は、皮膚表面で蒸発をすることで体温調節をしますが、このときにアポクリン腺から出る汗の匂いを一緒に拡散させてしまうのです。

 

さらに脇の下は普段、脇毛や腕で「フタ」をされている状態なので、湿度が上がり細菌が異常に繁殖することで匂いが強くなる傾向にあります。

ワキガになる食べ物は?

以上のように、ワキガの臭いはアポクリン腺から出る汗を常在菌が分解したときに出ます。

 

常在菌を殺菌することは、バリア機能がなくなるのと一緒で、さまざまな肌トラブルの原因になります。

 

しかし食べる物によって、アポクリン腺から出る汗の成分を抑えることは可能。つまり、わきがになる食べ物を摂り続けることで、アポクリン腺に溜まってしまう物質も変化し、それが直接ワキガのニオイの強さにもかかわってきます。

 

アポクリン腺の数は3歳までに決まるのでどうにもなりませんが、食べ物を気を付けることで、アポクリン腺から出る臭い成分を抑えることが大切です。

 

ワキガを強くする食べ物は以下のものです。

 

肉・油もの・にんにく・コーヒー・ジュース・お菓子・アイスクリーム・インスタント食品・ジャンクフード・バター・マーガリン・ラーメン・お酒etc

 

脇が臭い人は、これらを多く食べていませんか?

 

これらの食べ物は、主に高タンパク質、高脂質の食品、糖分や塩分が多いものが多く、アポクリン腺に老廃物を溜めてしまいワキガを強くする原因になります。

 

また、ワキガになる食べ物だけでなく、

 

好みのものばかりを食べる(偏食)

ちゃんと噛まずに飲み込む(早食い)

お腹いっぱい食べてしまう(過食)

寝る前に食べる(夜食)

 

といったこともワキガの匂いを強める原因になっています。

 

そして、ワキガを強くしてしまう食事は血液を酸化させてしまいます。血液が酸化すると「活性酸素」が大量に発生します。

 

活性酸素は非常に反応性の高い物質で、皮脂腺に含まれる脂肪酸を分解して、におい物質が生産され、ワキガの原因となります。

 

ですからワキガを抑えるひとつの方法は、この活性酸素を抑制すること。つまり、血液を「弱アルカリ性にする」ことなんです。

ワキガを予防する食べ物はこれ!

血液が酸性に傾き、活性酸素が発生することで臭いが強くなるのなら、その逆に血液をアルカリ性にすることで、ワキガの匂いを予防することができます。

 

血液をアルカリ性にしてくれる食べ物は以下のものです。

 

梅干し・お酢・豆腐・納豆・緑黄色野菜・魚・しいたけ・バナナ・りんご・わかめ・めかぶetc

 

この中でもとくに「梅干し」はおすすめ。

 

梅干しにはクエン酸という、「すっぱ~い」成分が含まれています。このすっぱい梅干しが、体をアルカリ性にしてくれます。ちなみに、すっぱい梅干しには、レモンと比較しても5~6倍のクエン酸が含まれています。

 

ただし、食品は薬のように即効で効果があるわけではありません。実際に効果が出るまで1ヶ月以上かかっています。

 

「梅干しを食べればOK!」ではなく、基本的な食生活を改善する(肉や魚介類を控え、野菜をたくさん摂る。アルコールは通風にも悪影響があるので、お酒は控えめに。など)ことが大切です。