満員電車やバスの中でワキガ臭いはじめると、周りの視線や反応が気になりつり革がつかめないことがあります。

 

ワキガが原因で前向きに人生を楽しめない、臭いはじめると憂うつになるなど、ストレスも溜まりますよね。

 

でも同じ人間、同じ女性なのにワキガの人と、そうでない人がいることも事実。そこで、ワキガになる原因菌と、対処・対策方法をお伝えします。

ワキガの原因菌は、すべての人に存在する「常在菌」

私たち人間には「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2種類の汗腺があります。その中でもワキガの原因にもなる汗を出す汗腺がアポクリン腺です。

 

アポクリン腺には、たんぱく質・脂質・糖質・アンモニア・鉄分など、においの原因となる物質を含み、少し粘性があります。

 

しかしこのアポクリン腺から出る汗も実は「無臭」なのです。では、なぜアポクリン腺から出る汗は、強烈な匂いを発生させてしまうのでしょうか?

 

それは、皮膚の表面に付着している「常在菌(ジフテロイド菌)」が汗を分解するからです。

 

でもジフテロイド菌は、すべての人の皮膚に存在する菌。けど「匂う人と匂わない人がいる」その違いは、ジフテロイド菌の数の違いなのです。

 

つまり、ワキガの人はジフテロイド菌が多くて、ワキガでない人は、表皮ブドウ球菌が多いのです。表皮ブドウ球菌が多い人の汗は運動した後にかく汗、いわゆる「汗臭さ」なんです。

ワキガの原因菌をやっつける方法

ワキガの臭いの原因がジフテロイド菌とわかれば、「その菌を殺菌してしまえばいいじゃないの?」って、考えますよね。

 

そして、真っ先に思いつくのが「デオドラント剤」だと思います。デオドラント剤は大手ドラックストアや量販店で、簡単に購入することができます。

 

デオドラント剤の役目は、「」対策と「雑菌」対策の2つにつきます。

 

汗を抑える作用は「収れん」といって、クロルヒドロキシルアルミニウムやパラフェノールスルホン酸亜鉛などがよく使用されます。

 

それらの成分は、汗の中に含まれるたんぱく質とくっつき、汗腺の出口を塞いで汗を抑えます

 

また殺菌剤には、塩化ベンザルコニウム、イソプロピルフェノール、パラベン、トリクロサンなど数多くあり、これらの差が主にデオドラント剤の特徴の違いとなっています。

 

しかし、ここで注意したいのが「塩化ベンザルコニウム」です。塩化ベンザルコニウムは、逆性石けんともいわれ、手指消毒剤にも使われています。

 

これがちょっと厄介で、ジフテロイド菌以外の良性である「表皮ブドウ球菌」も殺菌されてしまいます。

 

表皮ブドウ球菌は別名「美肌菌」ともいわれ、美肌効果をもたらす働きをしてくれる女性にとっては大切な常在菌です。

 

表皮ブドウ球菌は、皮膚の上の汗や皮脂を食べてくれたり、アミノ酸をつくり出し、肌を弱酸性に保つことで、外的刺激から肌を守る役割があります。

 

塩化ベンザルコニウムはこの美肌菌も殺菌してしまうので、肌が弱い方が使う場合には注意する必要があります。

 

実際に臭いを抑える目的ならば、これらのどちらかを使用すれば十分です。

 

最近は両者を組み合わせたり、それでも臭いが発生してしまったときに、臭い成分を吸着・消臭する製剤や香りでマスキングするなど、さまざまな商品があるので自分に合ったものを選びましょう。

ワキガで悩みたくない!そんな人には「クリアネオ」がおすすめ

市販のデオドラント剤でも十分にワキガの臭いを抑えることが可能ですが、中~重度のワキガの方には、効果が持続する「クリアネオ」がおすすめです。

 

クリアネオのポイントは、

 

制汗・殺菌成分をWで配合

99.999%の殺菌力

30分で抜群の消臭効果

使用者の97%が高評価

朝一回、塗るだけで1日中臭いをブロック

永久返金保証がついている

 

クリアネオの公式サイトに書かれていることを簡単にまとめてみました。

 

クリアネオは、香料・着色料・鉱物油・界面活性剤・パラベン・オイル・紫外線吸収剤が無添加でつくられています。

 

中でも界面活性剤は肌への刺激が強く、肌のバリア機能に影響が出てしまう敏感肌さんにとっては恐ろしいもの。

 

バリア機能が低下すると肌がヒリヒリしたり、かぶれてしまうことがあります。すると、ますます脇の臭いがキツくなってしまいます。

 

そう考えると、クリアネオは制汗・殺菌をしながらも、肌へのやさしさを徹底している商品だということがわかりますね。

 

 

 

「匂わないから大丈夫!」と、思うことが大切

まずこれらのデオドラント剤やワキガ対策クリームは、「自信回復グッズ」と考えることです。匂いを根本的に解決するわけではありません。

 

根本的に治したい人は手術という選択肢があります。しかし、デメリットがあることも覚えておかなければなりません。

 

「ワキガの匂いを何とかしたいけど、手術は・・・」。という人には、これらの商品は強い味方になってくれるかもしれません。

 

また、「脇汗が出たらどうしよう」「臭ったらどうしよう」と考えると、ますます大量の汗や強烈な匂いを発生させてしまいます。

 

「制汗剤を付けたから大丈夫!」「ワキガ対策のクリームを付けたから匂わない!」と、自分に言い聞かせることで精神性発汗は軽減します。

 

自分では多少、汗くさい臭いがすることは感じていても、まさか他人に迷惑がかる程のワキガ臭があるとは思っていない人もいます。

 

しかし突然、他人からそのような事実を指摘されるとショックを受けてしまいます。

 

ワキガは「心の病気」ともいわれますが、匂いに悩まされない人生を送れるように、今できることから始めてみてはいかがですか。