脇汗は体温が上昇したときだけでなく、緊張やストレスなど精神的なモノでも脇汗をかきます。

 

脇汗は女性にとって恥ずかしい、できれば抑えたい悩みです。ですが、こんな女性もいます。若い頃はそれほど脇汗をかかなかったのに、ある年齢を過ぎると脇汗をかくようになった・・・。

 

このような場合は女性特有の症状「更年期障害」による脇汗の可能性があります。

 

更年期になったら「脇汗を異常にかくようになった」「脇汗が流れる」このような症状を訴える女性も少なくありません。

 

ここでは、更年期による脇汗の原因と対策を紹介したいと思います。

女性なら避けて通れない「更年期」

更年期は、閉経をはさむ前後10年ほどの期間のことをいいます。女性が閉経する平均年齢は50歳といわれていますので、おおむね45~55歳の年齢と言うことになります。

 

更年期にさしかかると、それまでと比べて、「疲れがとれにくくなった」「肌や髪の様子が変わってきた」「気分が落ち込む」「イライラする」など、ちょっとした心身の変化を感じることが多くなります。

 

そして、更年期障害の中に「のぼせ・ほてり・多汗」があるのです。別名「ホットフラッシュ」とも言いますよね。

 

先ほどもお伝えした通り更年期になる前は、それほど脇汗をかかなかったのに、更年期に入ったら脇汗をかくようになったとしたら、更年期障害かもしれません。

 

では、なぜ更年期障害で脇汗をかくようになるのでしょうか?

ホルモンバランスの変化で脇汗が出る

女性ホルモンには、「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」という2つの種類があります。

 

エストロゲンは、妊娠の準備と女性らしさをつくるホルモンです。一方、プロゲステロンは、妊娠の維持をサポートし女性のカラダを守るホルモン。

 

更年期になると卵巣機能が低下するため、エストロゲンの分泌量も低下します。そうすると、卵巣と脳の間でホルモンのキャッチボールがうまくいかなくなります

 

 

このホルモンバランスの崩れが、更年期症状の原因と考えられているのです。そして、更年期障害の7~8割の方がこの「ホットフラッシュ」を経験します。

 

ホットフラッシュは脇汗だけでなく、首筋や胸、背中、頭など上半身からの大量の汗、顔が熱くなる、のぼせる、などの症状も現れます。

ホットフラッシュを防ぐには

症状には個人差はありますが、女性にとって更年期は避けては通れません。そして、ほとんどの女性がホットフラッシュを経験します。

 

外出先や仕事中などにホットフラッシュの症状が出てしまうと、動揺してしまうものです。手で拭って治まるような汗ではありませんし、すぐに止まるものでもありません。

 

そんなときすぐにできる対処法として、

 

ウェットティッシュを首筋にあてる

体温調節のしやすい服装をする

汗脇パッドを付けておく

センス(うちわ)で扇ぐ

 

などがあります。これらを準備しておくことで、いざという時も焦らず冷静に対処することができます。

 

ちなみに汗が出るからといって制汗スプレーを使うのは注意が必要です。一部の商品には、汗腺を塞いで汗を止めてしまうものがあります

 

例えば脇汗を制汗スプレーで止めてしまうと、他の部分から止めてしまった分の汗が出てしまいます。つまり頭や背中などからの汗が増えてしまう可能性があるということです。

 

また、更年期は閉経の前後10年間続くといわれています。上記の対処法でも良いのですが、10年間これらを続けることも大変ですよね。

 

そんな時は更年期障害を改善してくれるサプリメントを活用してみるのもひとつの方法です。

更年期障害専用のサプリメント「高麗美人」がおすすめ

更年期障害の改善におすすめなのが「高麗美人」。

 

なんとこの高麗美人は、「やる気がでない」「イライラする」「体が重い」「肌にハリがなくなった」など、更年期障害に特化したサプリメント!

 

女性ホルモンを補うサポニンをたっぷり配合

98種類の栄養素がギュっと詰まっている

累計販売100万袋突破!

1日わずか98円でお財布にやさしい

開封後でも30日間の返金保証がある

 

高麗美人の公式サイトに書かれていることを簡単にまとめてみました。

 

更年期障害の対策サプリメントはたくさん販売されていますが、その中でも高麗美人は、40代以降の更年期障害に悩んでいる女性に人気があります。

 

ホットフラッシュ以外にも更年期障害の症状も改善してくれる効果が期待できるので、脇汗、更年期、ホットフラッシュで悩んでいる方は、試してみてはいかがですか。

 

まとめ

更年期の症状は非常に多彩で、日によって症状がコロコロ変わったり、いくつもの症状が重なって起こったりしますが原因は、卵巣機能の低下から女性ホルモンの急激な分泌量低下によるものです。

 

体を動かしたりストレスを緩和するなど、心と体のバランスを整えることで更年期障害も軽減することができるので、サプリメント等を活用しながら更年期を乗り越えましょう!