「冬なのに足汗かいてめちゃ冷える 」「こたつに入ったら足がビッチョリ!」。こんな経験ありませんか?さらに、夏はもちろん冬でも、靴下履いててもフローリングに足跡がついてしまう・・・。

 

足汗で悩んでいる人は夏だけでなく一年中、足汗と戦っています。冬は夏と違い体温が上がり過ぎることもほとんどないのに、なぜ寒い冬でも足汗をかくのでしょうか?

 

寒い時期に足汗をかくと、靴下やストッキングが濡れて蒸れるのに、足汗が収まると今度は冷えてキンキンに冷たくなってしまいますよね。

 

冬の足汗は冷え性や、しもやけの原因にもなってしまいます。そこで冬でも足汗をかく原因と、対策法を紹介します。

私って病気?冬でも足汗をかく原因は?

夏は裸足にパンプス履くと汗で滑るし靴擦れするし。冬はブーツの中が蒸れて臭くなる・・・。足汗、足汗、足汗・・・。

 

一年中、足汗このことを考えていると「もぉーどうでもいい!」って、なっちゃいますよね。しまいには病気なの?って、心配になる人も少なくありません。

 

でも、どうして冬でも足汗をかくのでしょうか?それは「冬、特有の原因」があるからです。一つずつみていきましょう。

暖房

冬は夏に比べて寒いので当然、汗はかきにくい状態になっています。でも、寒いので厚着をしますよね。そう!この厚着が問題なのです。

 

厚着をして外へ出ても汗はかきませんが、暖房の効いた電車やバス、お店に入った途端に汗がドバッと出てしまいます。

 

これは外気温と室内の温度差により、自律神経が体温調節を上手く行えないために汗をかいてしまうのです。

ファッション

今やファッションを語る上で欠かせないブーツ。女性にとっての冬の必須ファッションアイテムのブーツですが、ブーツはスニーカーやサンダルなどに比べて通気性が悪く、足汗をかきやすい環境です。

 

さらに靴のサイズが足のサイズより大きかったり小さかったりすると、足にストレスがかかり、必要以上に足汗をかいてしまうことになります。

精神性発汗

これは冬、特有の原因とは直接関係はありませんが、一年中、足汗をかく大きな原因の一つでもあります。

 

「満員電車で暑い。汗をかいたらどうしよう?」「ブーツの中が熱くなってきた。足汗が出るかも?」と言う予期不安が、さらに足汗を大量にかいてしまう原因になるのです。

 

精神性発汗は興奮や緊張から汗をかくことをいいますが、普段の何気ない生活の中でも大量に汗をかいてしまうのが予期不安による精神性発汗です。

 

これがとても厄介。自分では何とも思っていなくても「心の中」では不安が増していきます。そうすると脳は緊張していると「錯覚」してしまい「汗を出せ!」と脳に命令を出してしまうのです。

足汗びっしょり!冬の足汗対策は?

冬に足汗をかく大きな原因は上記の通りです。では、冬に足汗をかかないようにするにはどうすればいいのか?

 

様々な対策法が他のサイトでも紹介されていますよね。たとえば、「制汗剤を使う」「適度な運動をする」「足の冷えを改善する」「体を温める」「靴下やストッキングをこまめに替える」「ブーツをこまめに乾かす」など、対処・改善法が紹介されています。

 

どれも間違ってはいません。ただ、適度な運動をしたり、足の冷えを改善、体を温めたりすることは即効性がなく時間がかかります。

 

逆に制汗剤を使う、靴下やストッキングをこまめに替えることは簡単にでき、効果も期待できます。

 

つまり、あなたに合った方法で足汗を改善することが一番なのです。時間がかかっても良いから体質を改善して足汗を抑える、面倒なことは嫌いだから手っ取り早く足汗を抑えたい。

 

もちろん、その両方でも良いと思います。足汗を止めることも治すことも体の構造的にも不可能なことです。とくに「精神性発汗」は心の問題なので簡単ではありません。

 

それよりも足汗と上手に付き合うことを考えた方が気が楽になります。足汗に悩んでいる人はあなただけではありません。恥ずかしいから誰にも言えないだけで、多くの人が悩んでいるのですから。