「うちの子、もしかしてワキガ?」そんな心配をする親御さんも少なくありません。しかも、両親のどちらかがワキガだと、子供に遺伝する確率が高くなるのです。

 

親がワキガで悩んだ人生を子供にも送らせたくない・・・。親として強く責任を感じる方もいるかと思います。「ワキガが原因でイジメ」ということも実際にはあります。

 

最近は、親が子供の体や衣類からワキガ臭がすることに気づいて、ショックを受けるケースが多くあるようです。

 

とくに女の子は、年頃になると臭いに関してはとても敏感になります。この先、体臭のことで悩んだり、傷ついたりしないように親としてはできる限りのことはしてあげたいですよね。

 

そこで、

 

子供のワキガは何歳頃から分かるのか?

ワキガは子供に遺伝するのか?

子供のワキガ対策はどうすればいいのか?

 

これらについてまとめてみました。子供のワキガや体臭に悩んでいる親御さんはぜひ、参考にしてみてくださいね。

子供のワキガは何歳頃からわかるの?

子供のワキガは第二次成長期(男子12〜14歳頃、女子は10〜14歳頃)といわれる頃から目立つようになってきます。いわゆる「思春期」という、心と体が大人へ成長していく大切な時期です。

 

思春期になるとワキガの臭いも強くなり、一般的に男子は思春期が始まる少し前から、女子は、生理が始まり2~3年経ったころから次第に臭いが強くなります。

 

そして男女共に、高校生くらいになると大人のアポクリン腺ができあがります。

 

しかし、最近の子ども達は肉体的成長が早くなり、ワキガも低年齢化。小学校低学年の児童でも、ワキガ臭がすることがあるようです。

子供にワキガは遺伝するの?

子供にワキガは遺伝するのか?ということですが、結論から言うと、ワキガは遺伝します。しかも高確率で。

 

両親のどちらかがワキガの場合、その子供にワキガが遺伝する確率は50%、両親が共にワキガの場合は、80%の確率で子供にワキガが遺伝します。

 

これを「優性遺伝」といいます。

 

優性遺伝とは?

遺伝子には形質が表れやすい(強い)優性遺伝子(A)と現れにくい(弱い)劣性遺伝子(a)があり、この組み合わせによって子に受け継がれる形質が決まります。

この組み合わせパターンはAAかAaかaaの3つであり、強い優性遺伝子(A)が1つでも含まれていれば、優性の形質が出現するということです。

 

つまり優性遺伝を簡単に説明すると「個性の強い方に遺伝する」ということです。

 

たとえば、お父さんが天然パーマ、お母さんがストレートヘアだった場合、生まれた子供は、ゆる~いパーマがかかった髪になるのではなく、お父さんの天然パーマを受け継いでしまうのです。これが「優性遺伝」なのです。

 

さらに両親がワキガでなくても、子供がワキガになることもあります。これを「隔世遺伝」といいます。

 

隔世遺伝とは両親ではなく、祖父母から受け継がれるものです。ですので、両親がワキガでなくても祖父母の両方、もしくはどちらかがワキガの場合、確率は低いですがワキガが遺伝する可能性もあります。

子供のワキガ対策はどうすればいい?

子供のワキガの対策で大切なことは「神経質にならない」ということです。小学校低学年くらいでは、自分のニオイに子供は気付きません。

 

それなのに親が子供の体臭を意識し過ぎて、過剰に反応してしまうと、子供も「自分は臭いの?」と心配し始めてしまいます。

 

そのくらい親の言葉は、子供の心に強く残るのです。なので、この時期の子どもに対して親は「見守る」程度でいいのです。

 

小学校高学年になれば、自分で自分のワキガ臭に気づくようになります。その結果「悩み」となることもあります。先ほど「見守る」とお伝えしましたが、「見守る」の本来の意味は、ワキガ臭が「悩みに発展しない」ように見守ること。

 

つまり、「気になる程度」で予防することが大切なのです。

 

なかなか子供から親に悩みを打ち明けることはありません。だからこそ、親が子供の心のちょっとした変化を見逃さないことです。

 

子供から体臭の悩みを相談されたら、真剣に相談に乗るようにしてください。「臭いなんて気にしない!」といった否定的な言動は禁物です。

 

今はデオドラント剤も様々な商品が販売されているので、あなたの子どもにあった商品を使うようにしましょう。できれば、無香料の方が他の子ども達にも気づかれないので、おすすめです。

 

では、もし臭いの悩みを打ち明けられなかった場合はどうでしょう?

 

そんなときは、衣類にスプレーする消臭剤がおすすめです。イオンクリアやイオンダッシュが有名ですが、信頼できる消臭力と、絶対的な安全性の『イオンクリア』がおすすめです。

 

子供が学校へ行く前に、制服に予めスプレーしてあげるのです。本人が知らないところでスプレーしてもよいし、「服を清潔にするスプレーよ」といって、子供さんの前でしてもよいでしょう。

 

発売半年で10000本販売!イオンクリアはコチラ

 

ワキガ臭は服に蓄積された臭いが拡散されるため起こります。海やプールでワキガの臭いがする人は少ないですよね。

 

これは、「衣類を着ていない」からです。衣類を着ていなければワキガの臭いは軽減します。つまり、衣類を消臭することで、ワキガの臭いは抑えることができるのです。

 

学校でイジメが問題になっていますが、体臭を契機としたイジメもあります。ニオイはその人を自己否定感に陥れます。

 

「自分は臭いんだ」「迷惑をかけているんだ」と、自己否定の気持ちを抱いていると、自分の方から友達関係を避けることが多くなります。

 

その結果、友達の輪に入ることを避けて、登校拒否をしたり、自分の部屋に閉じこもって「引きこもり」になってしまうのです。

 

ワキガは病気ではなく「体質」です。そして、ワキガは治すことができます。中学生までは手術はおすすめできませんが、高校生くらいになるとアポクリン腺も十分大人の大きさになるので、手術という選択肢も出てきます。

 

それまでは、子供のワキガに神経質にならす、本人が体臭を気にしたら、そのサインを見逃さずに、よき相談相手になってあげましょう。

子供のワキガにおすすめ!「デオシーク」

最後に、子供のワキガや体臭で悩んでいる親御さんに人気の商品を紹介します。「デオシーク」は、子供でも安心して使える薬用デオドラントです。

 

デオシークの最大のポイントは何といっても、一日中、殺菌効果が続くこと。朝、塗るだけで夕方まで臭いを抑えてくれるので、学校で塗れない子どもには最適な商品です。

 

永久返金保証もついているので、子供のワキガや体臭が気になる親御さんは試してみてはいかがでしょうか。