脇汗の量が人よりも多い。知らない間にしっとりと腋の部分が濡れている。ほんのりニオイがする気がする…女性として脇汗の量が多いのではないか?と頭を抱えている人は少なくありません。

 

脇汗は誰しもがかくものなので恥ずかしがる必要はないのですが、余りにも脇汗の量が多く、更にニオイがする場合は少し対策をとった方がいいかもしれません。

 

そこで、ここでは簡単にできるワキ汗のニオイ対策を紹介していきます。

制汗剤、消臭スプレー、クリームなどで消臭・殺菌をする

脇汗の量が多く、ニオイも気になっている女性に1番手早く効果があるのは制汗剤やわきがのニオイを抑えるものがドラッグストアなどに売られています。

 

色々な制汗剤、消臭スプレー、クリームがありますが、オススメできるのは無香料のクリームがオススメです。

 

制汗剤は名前の通り、汗を抑えることができるものですが、夏の暑い日などでは制汗剤を使っても汗もかきます。

 

脇汗の主なニオイの原因は「ワキ」、「」、「デリケートゾーン」などにあるアポクリン線と呼ばれる汗腺からの汗が分泌され、皮膚の上に住んでいる細菌が分解し、ニオイを発生させます。

 

このため、一時的なものよりも家をでるまえに消臭、殺菌のクリームなどを腋に塗ることで長い時間殺菌効果が期待できるのでニオイ対策には効果が期待できます。

お風呂の時間を使って簡単にできるワキの臭い対策

入浴時のちょっとしたことでワキの臭いの対策になることがあります。 今まで試したことがないのでしたら参考までに試してみてください。

入浴時には重曹を大さじ2~3杯いれて、半身浴で汗をかく

洗濯機を掃除する時にもカビを浮かせてカビのニオイをとる効果がある重曹の効果は大きく、更に人体にも無害で多くの天然温泉などに重曹の成分が含まれています。

 

ただし、余り多く入れ過ぎると肌にとっても負担になってきますので、大さじ2~3杯を目安としてください。

 

また、重曹は血管を拡張させる作用もあり、半身浴などで汗の分泌を促す効果もあります。

 

この半身浴を実践して、定期的に汗をかくことによって、脇汗のニオイの元となるアルカリ性の環境を酸性の環境にかえる事ができるとされています。

 

半身浴の際に、冷え性の方などは体が温まらずいつまで経っても上半身が冷たいままという方もいますが、お風呂の温度は熱めに設定し、肩からお湯をかけるなどして10分ほど半身浴をして汗を流すことから始めてみてください。

 

定期的な汗の分泌を1ヶ月ほどで続けることで、脇汗からでるニオイも変わってきます。

石鹸や洗い方などでもワキの臭い対策ができる

脇汗のニオイの元となるワキの部分が気になるからと過剰にゴシゴシと洗っている方がいますが、これは逆効果になってしまいます。

 

ゴシゴシとワキを洗うことより皮膚を傷つけてしまい、肌が荒れるため皮脂を分泌してしまいます。

 

皮脂の分泌によりニオイの元である細菌が繁殖してしまい、ニオイの発生元となるため、過度な洗浄には注意が必要です。

 

洗う際にはきめ細かい泡などを作り、手洗いで洗うのがオススメです。 タオルやスポンジを使う際には、柔らかい素材を使用した天然素材のものを選びましょう。

 

どちらも泡を腋につけて数分放置することでニオイの対策ができます。

 

また、石鹸にも薬用石鹸や消臭効果の高い石鹸をつかい、洗い方も工夫することでより一層の効果を高めます。

 

薬用石鹸でも洗浄力や高すぎないもの、自然派由来のものなどで保湿効果の高い石鹸がオススメです。

 

脇の臭いを強力洗浄!噂の薬用石鹸はコチラ

 

腋に保湿効果と聞くと逆効果に感じられますが、腋が乾燥してしまうことで皮脂を分泌してしまうので脇汗の対策には保湿効果が重要だったりします。

 

どれほど上記の事を心がけても石鹸の泡などをしっかりと洗い落とせていないと石鹸の洗い残しを栄養としてニオイの原因となる細菌は繁殖するので、洗い流しは入念にすることがオススメです。

岩盤浴で皮脂腺や汗腺の老廃物を排出する

サウナと岩盤浴を同じものと捉えられがちですが、実は似て非なるものです。

 

サウナは表面を皮膚の表面を温めて汗をかいて老廃物の排出が可能ですが、岩盤浴は赤外線の熱によってサウナよりも低温で身体の芯から温めていき老廃物と化学物質を排出することができると言われています。

 

ワキのニオイの元であるアポクリン線からの分泌する汗とエクリン線と皮脂腺から分泌される汗が混ざりあうことでもニオイが発生します。

 

皮脂腺からは老廃物も排出されているのですが岩盤浴によって根こそぎ老廃物や化学物質を流してしまうことで皮脂腺とアポクリン線の汗が混ざり合ってもニオイを抑える効果があります。

 

岩盤浴でかいた汗がベタベタしているのならばそれは身体の中にまだまだ毒素が溜まっている証拠です。

 

何度か通っているうちに汗はサラサラの汗に変わっていき、ニオイもなく、岩盤浴でびっしょり汗をかいてもシャワーは必要なくなるほどサラサラの汗が流れ出すようになります。

定期的な運動で汗を流すことも臭いの対策にも?

定期的に汗を流すことでアルカリ性の環境を酸性に近づけることができるというのも勿論ですが、運動不足の人は新陳代謝が悪く、汗をかいた時、アポクリン線からの汗の分泌が多量に分泌されてしまいます。

 

これらを解消するのはジムやジョギング・ヨガなどの有酸素運動をすることで代謝を高めると効果があるとされています。

水分はしっかりと摂取することも必要

汗腺から分泌される汗の殆どは水でできています。ただし、身体の中に含まれている水分が足りていない状態で汗を出すと当然水分量も少なくなるため濃縮された汗が分泌されます。

 

汗をかくのが嫌だからと言って、水分をとらないことは逆効果になります。

 

水は一度に大量に摂取するのではなく、定期的にコップ一杯程度の水を1日1.5リットルから2.5リットルほど摂取するように心がけましょう。