足が冷たいから冬ヒーターで暖めても、足はなかなか暖まらないのに、脇に汗をかく。こんな経験したことありませんか?

 

女性に多い「冷え症」。個人差はありますが、女性の半数から7割近い方が冷え性だといわれています。

 

冷え性は夏でも手足が冷える・もちろん冬は手足だけでなく体全体が冷える・・・。冬だけでなく夏でも厚い靴下が手放せない、また、しびれる感じがする、顔は暑いのに手足は冷えるなど、色々とあります。

 

「冷え性の人は脇汗なんてかかないよね?」って思われがちですが、女性の半数から7割近い人が冷え性なのです。

 

そうであれば、ほとんどの女性は脇汗をかかないことになります。ですが、「脇汗が気になる」「脇汗が異常に出る」「流れる」など、脇汗に悩んでいる女性は少なくありません。

 

冷え性なのに脇汗が止まらない!そんな、女性の悩みである「脇汗」と「冷え性」の関係を詳しくお伝えします。

冷え症の原因は?

血液は酸素や栄養素などと一緒に実は「温度」も運んでいます。冷え症だということは、この血液の流れが悪いため、温度が運ばれていないということです。

 

つまり冷え症は、カラダ全体に温度が足りていない状態なのです。それなのに、暑いところに出たり緊張する場面になると、ドバッと脇汗をかいてしまうのです。

 

これは、「下半身は冷えていて上半身は熱くなっている」状態。人間が健康的に過ごすには、上半身は涼しく、下半身は温かく感じることが大事です。

 

しかし人の体内では、しばしば逆のことが起こっているのです。これを「上熱下寒」といいます。

 

下半身が冷えているので、上半身だけに熱がこもってしまい脇の下や背中にも大量の汗をかいてしまうのです。しかも、頭痛やイライラも起こりやすくなるそうです。

 

また、現代社会は快適に過ごす環境が整っているので、汗腺の活動の機会が減っていることも原因のひとつです。

 


普段から汗腺が使われていると全身から汗がでるので、汗をかいている感じが余りしませんが、「下半身が冷えている」「汗腺が使われない」、この2つがそろうと、急な温度変化に身体がついていけずに、上半身だけにドバッと汗が噴き出るんですね。

 

つまり、汗が出るから涼しい格好をするのではなく、冷えている部分を温めるという逆転の発想をすることで、脇汗を抑えることが可能ですよ。

冷え性を改善して脇汗を抑えよう!

女性は男性に比べ、熱をつくりだす筋肉量が少なく、血液を手足の末端まで巡らせることができません。

 

また無理なダイエットによる貧血、月経や妊娠などによるホルモンバランスの乱れも「冷え性」の原因に。

 

体が冷えると→血液循環が悪くなり→自律神経やホルモンバランスが崩れ→さらに冷える、という悪循環につながるんですよね。何よりも「早めの冷え退治」が肝心です。

半身浴で体を温めよう

お風呂で体を温めることは、冷え解消の手っ取り早い方法。けれども冷え解消に適した入浴方法でなければ意味がありません。

 

冷え解消の正しい入浴方法は、38~39℃のお湯で20分間の半身浴をしましょう。半身浴は血液やリンパ管を圧迫して循環が良くなり、全身の代謝を高めることができます。

 

また入浴剤と水分補給も欠かせません。さら湯は体に必要な脂分まで奪ってしまうので、お肌に良くありません。保温・保湿効果のある入浴剤を使いましょう。とくに松葉オイルが入った入浴剤がリラックス効果大でおすすめ!

 

水分補給は入浴前後・入浴中にもこまめに摂りましょう。入浴中に水分を摂ると汗が十分に出て、代謝が上がり老廃物を出しやすい体になります

足湯をまめに行いましょう

お風呂に入って全身を温めることも冷え退治には効果がありますが、もっと簡単に冷えを取りたいなら「足湯」がおすすめ。

 

足の裏には体の各器官につながるツボがたくさん集まっています。また、足には心臓から末端へ送り出された血液を今度は、心臓へ送り返すポンプの役目をしています。

 

足が温まることでこのポンプの働きは活発になり、新鮮できれいな血液が体を駆け巡ることができます。

 

足湯の場合は入浴と違い40~42℃のやや熱めのお湯を用意します。40℃をキープして冷めてきたら差し湯を。

 

さらに血行促進を高める入浴剤やオイルをプラスすることで、心身ともにリラックスすることができますよ。

水分を摂って冷え退治!

そもそも「水分で冷え性が改善するの?」って、思いう方もいらっしゃるかもしれません。しかし、人間の体の約60~70%は水。毎日の飲み水にこだわることは、最も身近な冷え取り解消法です。

 

現代社会は偏った食生活、運動不足、ストレスなどの要因が重なり合い新陳代謝が低下しています。新陳代謝が低下すると老廃物が体内に留まり冷えや不調の原因に。

 

しかし、排泄力がつけば老廃物は体外に押し出され、おのずと新陳代謝が活発になり、冷え性も改善されます。水は新陳代謝を促す意味で重要なのです。

 

水選びとしては、体に馴染みやすくミネラルバランスがよい海洋深層水がおすすめ。

 

飲み方にもコツがあり、

 

体を温めてから飲む

こまめにちびりちびり飲む

朝の目覚めの一杯として飲む

空腹時に飲む

就寝前に飲む

 

体の状態によっても飲み方を工夫することで、水のチカラを十分に摂り込み、冷え性の改善予防をすることができますよ。

まとめ

冷え性を退治するには、脇汗が気になる季節だけじゃなく、1年間を通して冷えの改善を続けてみましょう。次の夏には汗のかき方が違ってくるはずです。

 

冷えという毒をからだから追い払って、快適な夏を過ごせるように、今からできることを始めてみてはいかがですか?