「何の臭い?靴?誰がクサいの?もしかして私・・・?」

 

仕事中や満員電車の中で足が蒸れてくると、「周りに足の臭いが漏れてない?」って、すごく気になる・・・そんな女性は多いんじゃないでしょうか?

 

さらにブーツを脱ぐと正直、激臭です。自分でもわかるくらい蒸れた足の臭いは強烈ですよね?

 

足が乾燥していると臭くないのに、足が蒸れるとニオイが強烈になるのはなぜでしょう?さらに、足の指が臭い!そんな人も少なくありません。

 

そこで今回は、足が蒸れると臭いが出る原因と対策法を紹介していきます。

足が蒸れて臭くなる原因は?

結論から言うと、足が蒸れて臭くなる原因は「コップ1杯の汗」です。私たちは1日に両足からコップ1杯(約200cc)の汗をかきます。

 

足の裏は汗腺がたくさん集中しているので、体のなかで特に汗をかきやすい場所なんです。それなのに足を靴下やストッキング、靴やパンプスで覆うと・・・。もう、お分かりですよね。

 

  • 足が覆われると足の汗が蒸発せずに蒸れる。
  • 蒸れると足の角質が肥厚して垢が出る。
  • 垢が出ると細菌の大好物のエサになる。

 

以上の3点が揃うとどうなるか?細菌は大好物のエサをどんどん食べて、老廃物として「臭い物質」を発生させていきます。

 

これが、足が蒸れて臭くなる原因なのです。菌が繁殖すればするほど、臭いも多く放出され、より強い臭いとなってしまうんです。

足の蒸れと臭いを簡単に解決する3つの方法!

これも結論から言うと、足や靴の臭い対策の第一は「靴を履かない」ということです。しかし、会社などではそうもいきませんよね。

 

そこで簡単にできる臭いケア方法を紹介していきます。

1日履いた靴は2日以上休ませる

まず靴の中の蒸れ、つまり湿度を下げることを優先します。靴の中の湿度を10%でも下げれば細菌の増殖は急激に抑えられます。

 

そのためには靴の素材は防水性の高いものでなく、天然皮革などの通気性のよいもの、しかもカットの浅いものを選びましょう。

 

さらに、指先の部分があまりきついものでなく、わずかなすきまのあるものが換気を高めてくれます。

 

また1日履いた靴の中は汗で湿っているので、2日は履かないようにすることが大切です。雑菌は湿度がある場所では異常なまでに繁殖しますが、乾いている環境では増殖することができません。

 

雑菌の増殖を防ぐには、靴の湿気を取り除き、靴の内部を清潔に保つこと。できれば、風通しの良いところに立てかけて陰干しをしてくよく乾かすようにしましょう。

 

「でも、替えの靴をそんなに持っていないし・・・。」という方は、中敷きを交換するだけでも効果があります。

 

これなら同じ靴でも中敷きを変えるだけなので、靴の臭いを抑えることができます。ただし、中敷きも敷きっぱなしはダメです。1日毎に交換するようにしましょう。

 

交換した中敷きは、次に使うまでしっかり乾かしておくことがポイントです。

 

成功率93%【足の臭い】解決インソールはコチラ

 

靴下やストッキングをこまめに替える

靴下も同様です。化繊のものは蒸れやすいので避けます。綿100%のものは汗の吸水性はよいのですが、発散性が低いので、シルクやウールなどの天然繊維との混紡製品がよいでしょう。

 

さらに、会社では1日2回でも3回でもよいので、靴を脱ぎストッキングを交換します。短い時間でもかなりの湿度を下げることができます。

 

実は、靴を脱いだ後にプーンと臭ってくるのは、足が臭いというよりは、靴下が臭くなっていることが多いのです。

 

靴の中が高温多湿になることで菌が繁殖し、臭いを発生させます。発生した臭いは、靴下へと移り臭いをどんどん蓄積していくんですね。

足を丁寧に洗う

先ほどもお伝えした通り、足は1日にコップ1杯の汗をかきます。さらに足には古い角質や垢、汚れがたくさん溜まっています。

 

これらの条件は細菌にとってはパラダイスな環境。ドンドンと菌を繁殖して臭いを拡散させてしまいます。

 

ですので、入浴時には丁寧に足を洗うことが大切です。泡立てネットなどを使用して石鹸をよく泡立ててから足全体を優しく洗います。

 

特に足の指と指の間は、汚れが溜まりやすく、洗い忘れの多い部分です。念入りに洗いましょう。洗い終わったら、タオルでよく水分を拭き取って乾かしましょう。

 

足の臭いの原因物質を強力洗浄!【アニセ薬用石鹸】はコチラ

 

また足の角質をケアするには、軽石を使う方もいらっしゃいますが、軽石は必要以上に角質を取り過ぎることがあるので注意が必要です。

 

おすすめは「ケミカルピーリング」。

 

ケミカルピーリングとは・・・

肌の表面に酸性の薬剤を塗って厚くなった角質層を溶かすことで、新しい細胞の再生を促していく方法です。

 

ケミカルリングは自宅でも簡単にできるピーリングの一つ。

 

市販されているケミカルピーリングの成分は、『AHA(アルファヒドロキシ酸)』と呼ばれるもので、りんご酸、クエン酸、乳酸、グリコール酸 などの天然由来の成分が主です。

 

そのため、フルーツ酸とも呼ばれていて比較的刺激が少なく、安全に使うことができます

 

ピーリングをして2~3日経過すると徐々に皮が剥け始めまが、皮が剥けてくるとどうしても自分の手で剥がしたくなってしまいます。

 

ですが、無理に剥がすと痛みが出たり肌トラブルの原因となるので、ピーリングをして完全に剥けきるまでは自分では剥かないように我慢しましょう。

まとめ

足が臭くなる原因は、靴下や靴に覆われていることで足汗をかき、蒸れやすい環境になっているからです。

 

そうすると細菌が繁殖し強烈な臭いを発生させてしまいます。

 

毎日素足で過ごすことができれば、足の臭いもそれほどではありませんが、現代社会では現実的ではありません。

 

日頃から靴や靴下、足のケアをしっかりすることで臭わない足にすることができます。どれも簡単にできるのでぜひ、試してみてください。

 

そして、足の臭いを気にせずに毎日過ごしましょう!